地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、文京区の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

文京区の地域情報サイト「まいぷれ」

営業状況につきましては、ご利用の際に店舗・施設にお問い合わせください。

特に高校生は、教科書の文章をしっかり読みましょう!-国語に強い文京区の言問学舎

 言問学舎のニュース

「特に高校生は、教科書の文章をしっかり読みましょう!-国語に強い文京区の言問学舎」
 塾の子どもたちもそれぞれに、東京で開催されているオリンピックを、心にきざんでいる様子です。あと2日と考えると、さまざまなことがありましたが、時間の経つのは早いものだと改めて感じます。

 自分自身のことを振り返ると、中学2年の時にモントリオールオリンピックがありました。その前のミュンヘンの時は小学4年生でしたから、鮮明に記憶しているシーンはあまりなく、モントリオールではじめて夏のオリンピックをはっきりとらえたように思います(当時冬は2年ずらしてありましたから、札幌の感動はよく覚えています)。

いっぽうその頃、中学校の国語の先生方が課題図書として推薦して下さったのが、志賀直哉の『和解』や武者小路実篤の『友情』でした。武者小路実篤が亡くなったのはモントリオールオリンピックが開かれた1976年、志賀直哉はその5年前の1971年没ですから、当時中学2年くらいになれば、それらの作品を読むことは、自然な流れだったのでしょう。

 そして中学3年で、夏目漱石の『こころ』と出会い、私の文学の方向性は定まったのだと思われます。さらに高校2年の時、中島敦の『山月記』を、生涯の恩師である神奈川県立厚木高校の山本邦夫先生に教えていただき、抜き差しならない李徴の性情、運命に、当時の自分の思春期特有の理不尽な悩みを重ね、いたく感じ入ったことを覚えています。また『山月記』をはじめとする山本先生の国語の授業のおかげで、低迷していた高校での学業成績が一気に改善されたのですから、山本先生への感謝の思いは尽きませんし(数年前に鬼籍に入られました)、中学・高校時代に国語の世界に導いて下さった先生方を思い出すと、本当に良い時代に国語を勉強することができたのだと考えないわけにいきません。

 さて、現代を生きる高校生、特に高校2年のみなさんには、「教科書の文章をしっかり読む」ことを、強くおすすめしたいと思います。現在の高校2年生・3年生用の「現代文」「精選現代文」などの教科書には、『山月記』のほか、夏目漱石の『こころ』、森鴎外の『舞姫』が、ほとんど載っています。これらの文章を教科書以外で(つまり自分で本を買うなどして)読む機会は、みなさんにはほとんどないでしょう。先に述べた私の中学・高校時代から、もう四十年以上経っているのですから、当然と言えば当然ですが。しかし古典がそうであるように、長い間読み継がれている名作には、人の一生を左右するだけの力があります。その力を受けとめることのできる幸運が、「教科書の文章を読む」ことに付随しているのです。

 また小説だけでなく、評論・論説文についても、幅広いテーマの文章をきちんと読むのには、高校生の時期が最適です。昨年亡くなられた山崎正和先生の「水の東西」や「心に海を持って」など、日本と日本人の位置をきちんとつかむことのできる文章が、たくさん載っています。大学に入ると、一般教養の期間はありますが、原則的には学部・学科の方向性に関連するものが主となりますから(もちろん、大学生には得がたい「読書の時間」が豊富にあるはずですが)、大学受験を見据えて一生懸命取り組むであろう側面を含め、高校の教科書の文章を読むことで、「読んで、考える」力を養い、伸ばすことが、この時しかないと言っていいほどできるのです。

 言問学舎では、高校生の国語の授業で「教科書の文章を読む」ことを、特に重視しています。先述した通り、受験への対応力養成を含め、読解力、思考力を磨くのにもっとも適しているからです。そして生徒の側から見れば、教科書の文章を読むことは学校の中間・期末テスト対策に直結しますから、一石二鳥でしょう。高校2年生の二学期は、夏目漱石の『こころ』が目玉です。この夏休み、「文庫本1冊、全篇を読む」ことが課題とされていて、すでに読みはじめている方も、その段階での読みの指導から丁寧にスタートしますから、二学期の現代文の予習、テスト対策と、将来の大きな財産となりうる読書体験とを、あわせて深く実践していただくことができます。

 夏休みももうすぐ折り返し点。言問学舎の夏期講習、舎主小田原漂情の持ち時間にも、わずかに空きが残っています。高2・高1で国語をしっかり勉強したい方は、お気軽にご相談下さい。もちろん古文・漢文にも対応します。

カテゴリ

名称言問学舎
フリガナコトトイガクシャ
住所113-0024 文京区西片2-21-12
アクセス東京メトロ南北線東大前駅1出口より徒歩1分
都営三田線春日駅A6出口より徒歩7分
電話番号03-5805-7817
ファックス番号03-5805-7818
営業時間13:30~21:30
定休日日曜
関連ページ公式ホームページ
こだわり
学習塾・予備校[学習塾]

言問学舎

最新のニュース一覧へ
口コミ

このお店・施設に行ったことがありますか?

あなたの体験や感想を投稿してみましょう。